ホテルとデリヘルの関係性

川沿いのラブホテル街

広島駅近くを流れる川沿いのホテルデリバリーヘルスやホテルヘルスの派遣先は、ラブホテルが中心になると思います。通常は、ソープランドやファッションヘルスなどの風俗店が集まる繁華街の裏手や高速道路の出入り口付近の沿道にラブホテルがありますが、広島では少し違った印象があります。広島の繁華街は、薬研堀・弥生町・流川などが有名です。これら全て地域は、広島市中区に属していて、ソープランドやファッションヘルスから、キャバクラ・キャバレー・ピンサロ・ゲイバーまで揃った広島最大の風俗街です。通常であれば、この付近にラブホテルがあるのですが、広島の場合は、この中区から放射線状に広がった地帯にラブホテル街が点在しています。
広島のラブホテル街の特徴は、広島駅周辺の川沿いに立ち並んでいることです。水の都の広島駅周辺には、七つもの川があります。まずは、猿侯川です。この猿侯川が最も広島駅に近いです。広島の名所である比治山公園や平和大踊りにも近いラブホテル街です。広島駅近辺のデリバリーヘルスやホテルヘルスは、このラブホテル街に派遣する事が多いです。10軒くらいはあると思います。次は、太田川放水路・天満川・太田川・元安川周辺をまとめて紹介します。先程名前を取り上げた平和大踊りは、猿侯川に対して西側に垂直に伸びているのですが、太田川放水路・天満川・太田川・元安川にまたがっています。イメージが付きにくいでしょうが、平和大通り沿いにラブホテルが点在しています。広島市中区のデリバリーヘルス・ホテルヘルスは、このラブホテル街に派遣をします。最後は、京橋川沿いです。規模は小さいですが、千田公園の近くに1軒だけ営業をしています。広島駅や薬研堀などの繁華街からは少し距離がありますが、こちらのエリアにもきちんとデリヘル嬢を派遣してくれるので安心してください。尚、七つの川と言っておいて六つしか紹介していないのには理由があります。山手川という河川があったですが、太平洋戦争後に拡張し、太田川放水路と統合したそうです。

デリヘル派遣先の拡大

風俗店は広島観光客の獲得を狙ってます広島は観光地なので、シティホテルやビジネスホテルも沢山あります。最近の広島のデリバリーヘルスとホテルヘルスは、ラブホテルだけでなく、シティホテルやビジネスホテルにも派遣を始めているようです。お一人様が流行する現代。広島には男性一人の観光客も増えているです。広島風俗業界は、この男性お一人様の観光客をターゲティングしており、薬研堀・弥生町・流川のソープランドやファッションヘルスだけでなく、いわゆるデリヘル利用を増やそうと画策しているそうです。観光客のデリヘル利用は、大いにメリットがあります。普通は、デリヘルで遊ぶ場合は、ホテル代が別途掛かります。これは、デリヘル特有で、ソープランドやファッションヘルスなどの店舗型風俗店では発生しないお金です。先程紹介したラブホテルの平均利用料金は、2,000~3,000円でしょう。広島のスタンダードなデリヘルの利用料金は、60分12,000~18,000円なので、プレイ料金とホテル代を合わせると高いと2万近くかかります。しかし、ホテル代が元々発生する観光客は、実質ホテル代抜きで宿泊先のホテルにデリヘル嬢を呼べるのです。これがかなりの好評で、この契機に店舗数を増やしてきたのが、回春エステ店です。観光で歩きつかれた体をマッサージしてくれて、最後はローションたっぷりの回春サービスをしてくれます。オプション料金を支払えば、トップレス、キス、下半身へのボディタッチなども追加できます。旅の疲れも一気に吹き飛び、ぐっすり眠れるでしょう。最後にエステ店のメリットをお教えしましょう。これは在籍している風俗嬢が可愛い子が多い事です。きっとヘルスサービスをしないエステ店のほうが気軽に仕事をはじめる事ができるので、可愛い子が集まりやすいのでしょう。