風俗に新業種誕生!?

新風俗業種の出会い喫茶

風俗新業種の出会い喫茶広島には、一見変わった風俗店があります。それは、出会い喫茶と呼ばれる風俗業種です。この出会い喫茶は、ソープランド・店舗ヘルス・デリバリーヘルスと違って、マットサービスやヘルスサービスを提供する訳ではないようです。
では、出会い喫茶を解説していきます。出会い喫茶は、2010年の風営法改正時に新しく出来た風俗業種です。出会いカフェやトークカフェとも呼ばれ、広島よりも東京などの首都圏に多い風俗業種と言えます。先程紹介した通りお店の中では、風俗サービスの提供は一切無く、男女の出会いの場を提供するころをサービスとしています。出会いの場の提供なので、交際クラブとそっくりな業種です。違いがあるとすれば身分証の提示でしょう。交際クラブは身分証の提示が必須です。 出会い喫茶は、身分証は不提示なので気軽に利用できるでしょう。
風俗ではありませんが、店舗型エステも最近では多く見られます。こちらは、ソープランド・店舗ヘルス・デリバリーヘルス・出会い喫茶とは違い、風営法の対象外の店舗です。お店の数が増えてきた理由は、2005年の風営法改正が大いに影響しています。 実は、この風営法の改正以降は、デリバリーヘルスなどの無店舗型風俗店以外の店舗風俗店の新規の営業が出来なくなりました。この背景から、店舗型を開業したい風俗業者は、余儀なく店舗型エステを営業したのです。風営法の規制により、当然風俗サービスはNGです。しかし、コスチュームは過激です。ビキニの水着で、アロマやローションでマッサージをしてくれます。マッサージも、太モモの内側などの際どい箇所を攻めてきます。際どすぎて、摘発される店舗型エステ店もあるようです。このような非風俗系のお店がエステに限らず増えてきています。耳かき店やメイドカフェなどもその一種です。これらの店舗も風俗サービスはNGとなっています。広島新天地の飲食店街に紛れて、非風俗系の店舗があるようなので、お好み焼きを堪能した後に覗いてみてください。

既存の風俗店も新しいサービス提供開始

画面で見ていたAV嬢と風俗でプレイ出来る広島には、風俗街がしっかり存在しソープランドや店舗ヘルスが営業を続けていますが、今の広島の一般的な風俗は、デリバリーヘルスに移行しつつあります。そのデリバリーヘルスも店舗数が多いので、各風俗店は、オリジナリティを出すのに必死です。広島デリヘルのオリジナリティの一つとして、AV女優やモデルとプレイが出来る高級デリヘルが増えてきています。最近では、AVプロダクションと提携している風俗店が多いみたいです。いつも、TV画面・PC・スマホで観ているAV女優やモデルとプレイ出来ます。これは、夢ではありません。プレイ料金が設定されている風俗店もありますが、オーダーメイドの店舗が主流のようです。男性客が出す金額によって、プレイ時間が決まるというシステムです。安い金額ではお店に話も聞いてもらえません。最低でも10万円は必要です。しかし、10万円あれば憧れのAV女優やモデルとプレイすることが出来ます。
AV女優に関していえば、広島のソープランドの一部で在籍しているという噂を聞いたことがあります。きっと、入室した瞬間から別世界へ導いてくれるでしょう。AV女優ソープランドは、180分以上からの設定のようなので、こちらも高額となります。しかし、ソープランドを楽しむには180分以上のコースからなどとよく言うのは、このようなことからなのです。そんな高額が払えない場合は、ピンサロで我慢しましょう。しかし、ピンサロもキャバクラ嬢が相手をしてくれる場合があるようです。薬研堀のピンサロは、現役キャバクラ嬢が在籍しています。飲食の顔も待つピンサロでは飲み物が提供されます。まさに、キャバクラのような雰囲気で現役キャバクラ風俗嬢からリップサービスを受けることができます。但し、最上級のキャバクラ嬢がいい場合は1セット6,000円以上のピンサロにしてください。1セット2,000円などのピンサロもありますが、このようなピンサロは、場末のキャバクラ嬢が出てくるので、くれぐれもご注意を。